teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


掲示板

 投稿者:龍生塾TOKAIGYM  投稿日:2011年12月 2日(金)15時34分51秒
返信・引用
  ◆最近 協力していただける会員さん 及び 父兄の方が増えてきました。
今まで忘年会など その他催し物を行なっても 集まりが非常に悪かったのですが ここにきてまとまりが でてきました。
今回の忘年会も全員で10名程 集まり 過去最高。
もっと一致団結したジムになるよう この掲示板で 言いたいこと聞きたいこと相談したいことなど 会員同志の 意志の疎通に利用していただければ幸いです。
 
 

2011年 10/2 マルモリカクメイキック

 投稿者:バイソンMIHO  投稿日:2011年11月 3日(木)20時29分54秒
返信・引用
  条件や日程があわなくて出場できなかったことも含めて、公式試合から遠ざかり4年。

前記事のホーストジムでのスペシャルマッチを経て、キックボクシング興行へのオファーをいただきました。(出ることはできなかった違う試合で、選考のときに私の名前を出していただいた。土居代表に感謝しています。)

本部の塾長に連絡して許可をいただき、めでたく出場となりました。

龍生塾TOKAIGYMの会長(支部長)に、ホーストジムでの試合にでてみるかと言ってもらったことがすべてのキッカケです。

そして興行主催の名古屋ファイトクラブの会長が選んでくれたから、対戦相手のエミNFC選手がいてくれたから私は試合をすることが出来ました。


負けたけど。


手ごたえがあり、倒す事を狙いすぎました。そのことで悪い部分がでてしまったのが原因です。

今回は久しぶりだったにも関わらず、減量がスムーズだったのでたくさん食べられました。
私はプロテインを摂らないので、食べる行為は死活問題です。

そしてもうひとつ。
一般部の男性セコンドを連れて行けたことは、本人にとって良かった事になります。
正直、会長(支部長)が怒るほどにやれていなかったのですが、男性のプロ試合のときにはもう経験者になるから。

ぜひ続けていて欲しいものです。


 

2010年 12/5 アーネストホーストジム

 投稿者:バイソンMIHO  投稿日:2010年12月 8日(水)19時32分22秒
返信・引用
  まったくもって久しぶりの掲示板更新です。
ブログは1日おきに更新中。

2007年以降、外に試合をしに行っていなかったバイソン。
2008年にシュートボクシングのエキシビジョンマッチはやりましたが、勝敗はつきません。

今度は初のK-1ルールで、一部プロテクター使用の勝敗付き。
日下部奈々選手と対戦してきました。昔のレーナ選手みたいに、抜きん出た学生さん。
20歳は年下です、へたしたら娘です。


今回動画を見ていてわかったのは、私って攻撃が効いているように見えてしまう動きだなということ。
練習の半分以下しか出せないのは覚悟のうえで私は試合に出ているのですが、そりゃお互い様で、ミット打ちのときの日下部選手はもっとすごい攻撃でした。
あれがそのまま出ていたらダウンもあったかも。

リングにはいる直前は、無駄な緊張をする私ですが入ったら楽しかったです。
これこれ、この感じ!!てなもんで笑ってしまいました。
結果はブログ等でも言いましたが判定負け。
14オンスという事でキックを中心にいったつもりですが、もっとパンチも出すべきでした。
とか反省はもりだくさんですが。
次の日もバイト中に思い出しては『私の阿呆、馬鹿』とぶつくさ言っていましたが。

なんかスッキリしました。
三年という月日。
忙しくしていたらあっと言う間。
このまま外に出ないで引退するかもしれないと思ったこともありました。

試合に定期的に出ている伸び盛りの彼女と、ジムファイターになっている現在の自分。
ベテランファイターといったって公式試合からは遠ざかっている自分。
それもふまえて見てもらおうと今回は出ました。

お金がもらえる試合ではありませんが、成長中の自分を再確認したのとやる気がまた出てきたことは、もらったのと同じ。
会員のみなさん、試合どうですか?









 

2009年 12/22 黒帯合格通知

 投稿者:バイソンMIHO  投稿日:2010年 1月21日(木)16時41分17秒
返信・引用
  龍生塾に入門したのが2000年11月1日。現在10年めに入った私バイソン。
自分もなったけど、関係者の面々が年をかさねてプロ選手になるのもみてきました。

年下が増えたなあ・・・。

それはともかく、一般部門ではもらっている人が少ない黒帯を私、もらいました。

過去記事にあるように。
会長(支部長)が病気になったときも、練習生がいない日も、とりあえず頑張ってきたことの、ご褒美をもらった気持ちです。

反面、余計に頑張らなアカン。うへえ、という気持ちもあります。皆さん一緒に頑張りましょう。宜しくお願いします。
 

2009年 12/3 、5出稽古受け入れ。

 投稿者:バイソンMIHO  投稿日:2010年 1月21日(木)16時06分25秒
返信・引用
  龍生塾TOKAIGYMで初めての正式な出稽古です。
(動きを見て、聞いてみたら他所の道場の人だったことは実はあります。)

当日に練習に来ていた会員さん達は会っていますね。
U-FILE-CANP岐阜の代表、渡辺さんと選手のASAKOさん。そして見学の方もみえました。

ASAKO選手がシュートボクシングルールで試合(12/11 東京新宿FACEで開催の『ジュエルス』)にでるということで、私バイソンと尾関選手がスパーリングをしました。

ジュエルスには、尾関選手も総合ルールで出場しました。
セコンドは旧キャノンボールジムの武元氏がつきました。それと私バイソン。
詳しいことはブログでお伝えしましたが、判定で負けました。
ただ関係者には高評価をいただき、次の試合の話も進んでいます。
 

2009年 10/18 DEEP公武堂ファイト8

 投稿者:バイソン  投稿日:2009年10月25日(日)21時14分28秒
返信・引用
  尾関選手が総合格闘技デビューです。DEEPフューチャーチャレンジ。名古屋公武堂、タイガーホールにて行なわれました。
相手選手はサダエ・マヌーフ。
アマチュアSBで、彼女の打撃をやる姿は見ましたが、関節技はどれだけやれるのか判らないので、タックルやチョークなどの対策を中心に練習をしました。

余談ですが。関節練習は、通常やる打撃中心のとは違う筋肉を使います。ゆえに尾関選手も私も一時期は筋肉痛になりました。

余談その2。マヌーフといえば甲冑みたいなコスチュームのあのマヌーフ?
確かめたくてウズウズした私は、サダエ選手に直接聞いちゃいました。
坪井会長がつけたからわからないとのことで、よし後で会長に確かめようと思ってたのにバタバタして忘れました。

結果はドローでした。その様子はインターネットで公開されました。見ごたえのある試合だったと思います。ただひとつ。自分のセコンドの声が、うるさい…。
 

2009年 7/12 関西グローブ空手大会

 投稿者:バイソン  投稿日:2009年10月25日(日)19時58分54秒
返信・引用
  アマチュアの大会ですが、プロ選手も3戦までは出場が認められているそうです。知らなかった…。
実際、尾関選手が本部のママさんたちに「え?何で出てるの。」と聞かれたとのこと。


なんとも不思議な気持ちです。自分の過去の対戦相手が後輩選手と戦う。
結果は尾関選手の判定勝利でした。
ブログでもお伝えしましたように、大久保弥生選手は私のことを一応覚えているようです。
『怖いひと』と。
 

2009年 5/10ふたりめのプロ誕生。

 投稿者:バイソン  投稿日:2009年 8月 7日(金)22時42分55秒
返信・引用
  うれしくてありがたいことです。ひとつの目標だった次世代のプロが生まれました。それも、なかなか難しいかもしれないと思っていた女性のほうのプロです。
尊敬する人の名前の文字をもらったという『尾関 煌』選手。
つらい減量ものりこえました。経費節減のため、私バイソンと会長(支部長)と3人でひと部屋に宿泊もしました。

初の公式試合は、大阪で開催されたヤングシーザー杯です。結果を言えば判定負けでした。
まけるとしたらこうだろうと危惧していた負け方です。しかし次の日。

岩下塾長代行(元世界チャンピオン)から直々にTOKAIGYMに電話が入りました。
『闘い方がとてもよかった。シーザージムの広報さんも絶賛していた。』
とのことでした。
次に塾長から電話が入り『負けはしたが、全然恥ずかしい試合ではなかった。』と賞賛の言葉をいただいたわけです。
シュートポイントも取得した綺麗な投げ。パンチでどんどん攻める姿を、東海の他の塾生たちにもほんとに見て欲しかった、と私も思っています。
 

2008年12/7 福知山市 三段池総合体育館にて。

 投稿者:バイソン  投稿日:2009年 5月21日(木)21時03分11秒
返信・引用
  尾関さんとは普段スパーリングをしていました。
京都に行ってスパーリングするだけなんてつまらないから、‘エキシビジョンだといって力を抜くな’と言われるまでも無く、私は鼻血のひとつも覚悟してバリバリやりました。

尾関さんはヘッドギアをはずすのが初めてでしたが、視界の邪魔にならなくて良いと言っていました。プロ試合はグローブのオンスが変わるので、ためしに練習よりは軽い12オンスを付けてみました。私たちの体重差がまだあったので、12オンスを使う事で緊張感をもつことにしました。


尾関さんの投げをみせるため、実はいちどだけ投げられる距離にとどまりました。本当ならすぐ離れるところですが。
尾関さんは早速反応して私を投げました。でもそこは私もただではやられません。シュートポイントが入らないように投げられました。
私は以前の試合でシュートポイントをとられたことがあるので、気をつけるようになったのです。

尾関さんは途中『ここを狙ってきなよ』アピールをしてあおってくれたので、会場は盛り上がりました。
私も感覚がよみがえって楽しくなりました。そういやいままでまじめすぎたかも、なんてことも思いました。リングで笑いたくなるなんて久しぶりです(試合自体ひさしぶりです)。
私も『じゃあ、ココ狙ってきなよ』アピールをやりかえして楽しみました。
 当日急に私のセコンドをやることになった岩下選手は、終わった後「結構ガチでやるんですね」と言っていましたが、練習時のスパーほど時間は長くないのでハードではなかったです。
私の方はアキレス腱の炎症で体力も落ちていて、あんまりいいものは見せられなかったし、会長(支部長)にも点数をつけるなら尾関さんの判定勝ちだなと言われました。


そのあと興行主催者の石塚会長に挨拶に行ったら、「はよプロになりなはれ!!」と言われていた尾関さんでした。
 

東海グローブ。

 投稿者:バイソン  投稿日:2009年 5月 7日(木)22時53分49秒
返信・引用
  2008年11月にはTOKAIGYMで、第一回東海グローブ空手大会が行なわれました。

参加賞や旗、タイマーやゴングも手に入れました。
駐車場の手配、近所の方へのお知らせもしました。
スタッフも会員さんにお願いしました。
何ヶ月もまえから準備していたわりには、やってみると不備がでてきました。
興行をおこなうというのは本当に大変だと思ったものです。

試合は15試合で少なめだったのですが、小学生に女性、一般の重量級もあるそれなりにそろっていて見飽きる事はなかったと思います。
本当はもうすこし参加者がいたのですが、条件のあう相手がみつからずやれなかった試合もありました。
自分が参加する側だったとき、相手がいなくて怒ったりイジけたりしました。
でもスタッフをやったことで、開催側も試合をやりたい気持ちは一緒だというのがわかりました。出たい人は全員出させたいとほんとに思います。どの試合も無事おこなわれるよう、ゴングがなるその瞬間まで、祈るような気持ちでいました。

終わった後は、本部の関係者や残ってくれた人たちで食事をしました。カレーや豚汁を食べながら、録画してあるファントム選手の試合をみました。食後のおやつとして、こどもの参加賞の「駄菓子セット」を、懐かしがりながら食べたのが楽しかったです。

12月には今度プロになる尾関さんと、エキシビジョンマッチをしました。
 

レンタル掲示板
/6