teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:32/262 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

8.19 大王谷の悲劇

 投稿者:九州お遍路  投稿日:2012年12月26日(水)15時50分48秒
  通報 返信・引用
  12/23 お忙しい中、忘年会を開いて頂、役員をはじめコーチ陣の方、誠に有り難うございました。久しぶりにコーチ陣、選手や父兄と会い、やはり、このような飲み方はいいな~とつくづく思った次第です。

 会の挨拶で、Sコーチが「今年の夏の大会では・・・・。」と話し始めると、私の中でようやく消えかけていたあの時の記憶が、再び鮮明に脳裏へ浮かび上がってしまいました。

 忘れもしない8.19大王谷運動公園。
 息子以上に気合いの入っていた私は、いつもより早めに起き、いつもより多めに急須へ茶葉を入れ、熱々に煮えたぎったお湯を注ぎ、丹念にぐるぐる、ぐるぐると廻し、仏様専用湯飲みへなみなみにつぐと、仏壇の位牌の前に置き、

 「ようやくご先祖様の力をかして頂く時がやってまいりました。親父、ばあさん、なぜ死んであの世に行ったのか? この日のためやないんか? 言わんでもわかっとるやろうな。頼むで!!」

 今になって考え直すと、本当にバチ当たりなお願いをしたな~と、反省しております。

 次に、O平氏の乾杯の挨拶。
 「皆様、今年は・・・・」としゃべり始めると、8.19の朝、鳩のふんで汚れていた観客席を誰よりも早く来て掃除をしていたO平氏の姿が、琥珀色の濡れたコップに映し出されました。

 「ホームやから、綺麗にしとかんとな!」

 椅子と椅子の狭い間を丸い体を起用にくねらせ掃除をする姿は、気合いが漲り又、これから始まる決戦に向けての神頼み的なもをお願いしているかのように感じ、「皆、想いは同じなんだな~」と、嬉しく感じた事を思い出しました。

 どうもこの日は、私の記憶の中で消え失せる事のない出来事みたいですので、

 「8.19 大王谷の悲劇」

 と命名し、より深く記憶に刻み込む事にし、これからの子育て人生におおいに役立てていきます。今年もまた、プログレッソを通じ、いろんな事を経験し、感じ、考えさせられた事、感謝しております。
月並みではございますが、良いお年をお迎えください。


追伸
 真夏に、ここぞっ!!とご先祖にお願いする時にお供えするお茶は、冷たい方が良いかも。
 あの日、熱いお茶ではなく、冷たいお茶をお供えしておけば・・・・。
 
 
》記事一覧表示

新着順:32/262 《前のページ | 次のページ》
/262