新着順:17/18 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

少年犯(婦女暴行)の氏名発表

 投稿者:20歳  投稿日:2008年 6月21日(土)16時50分42秒
  通報
  少年犯罪者(婦女暴行)を発表します。

湊 伸治:S47年12月16日生
    H19年まで寝屋川市で福祉の仕事したが解雇される。
    H18年の秋リュヒテンシュタイン人(?)と結婚
2.横山 裕史(旧姓=宮野):S45年4月30日生
    H19年 川口市蓮沼298メゾンハイビス(栄ハイツ)201
3.渡邊 恭史:S46年12月18日生
     横浜市(?)生活保護 姉夫婦と同居 母親=渡邊ヤス
4.相田 孝一(旧姓=垣東):S47生、妻と娘2人
     H18年に長女が中学入学、このとき離婚し直ちに再婚
     妻の旧姓(相田)に改姓。 次女は来年小学校入学の年頃
5.神作 譲(旧姓=小倉):S46年5月11日生
6.共犯者 = 湊 靖人(父70歳)、湊 ます子(母69歳)
       湊 恒治(兄、S47年1月21日生)

 女子高生コンクリート詰め殺人事件の犯人(当時、少年)です。
足立区綾瀬で帰宅中の女子高生を拉致し、湊伸治の自宅に40日間
監禁し、あらゆる性的虐待をしました。湊の両親は女子高生が助けを
求めても無視しました。少年たちは、女子高生の陰部にドリンク瓶を
入れたり、タバコをいれたりしました。女子高生が逃げようとすると
手足に揮発油を塗ってライターで火を着け、泣き苦しむのを見て
笑い転げました。発見された遺体は、栄養失調で痩せこけ、乳首が
焼かれて溶け落ち、歯はほとんど折れていました。
日本では裁判日数も刑務所の服役期間に算入されるので、少年たちが
服役したのは最高でも6年半でした。主犯の宮野(当時18才)も
H19年2月刑期を免除されて千葉刑務所を出所しました。
 
》記事一覧表示

新着順:17/18 《前のページ | 次のページ》
/18