新着順:14/18 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

家族の問題(2)

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2008年11月18日(火)05時23分41秒
  通報 編集済
  某県の家族の問題

 詳しく書くとまずいので、某県と書く。その家の女主人が、ハンセン病に罹り、恵楓園に入園したのであるが、子供もあり、家はタイヘンであったようだ。子供の進学時期でもあり、その女性は無断外出を敢行した。最初入園したのは昭和時代であったが、日時が経過し、その時は平成の始めでもあり、そういうことも、可能だったのだろう。恵楓園にはつらい思い出ばかりらしく、そちらの方は向かないという仰せであった。私には衝撃的であったが、それはそうなんだろう。小生は当時らい指定医であった。頼まれて診察にいったわけである。それもその人の申し出から発している。自動車でいったが、その県の係官と一緒だったと思う。

 もう治ったとしてください。という要望もあったが、私の診断も治癒したと診断した。そしてそのような手続きをとった。

 極めて当たり前の話であるが、患者数が一人減るわけである。少々微妙な感覚があるのは、そういう話はタブーで、なるだけ、患者数を減らさないようにと自治会はいっていた。しかし、いわくいいがたし、ということなんだろう。

 理由はおわかりと思う。幽霊患者のことである。それは、患者さんを調べましょうといっても、そうならない。ある例であるが、きっかけがあり、調べたら10年前に死亡していた。その間の厚生省のお金はどう処理していたのだろう。何の御咎めもなかった。

 Wikipedia幽霊を調べたが、そういう言葉の使い方は載っていませんでした。

 その後私は南海の療養所に転勤したが、自治会自ら、幽霊退治をしたと聞いた。判りにくい話を読んで戴いて有難うございました。
 
》記事一覧表示

新着順:14/18 《前のページ | 次のページ》
/18