新着順:10/18 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

家族の問題(6):離別は悲しい

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2008年11月26日(水)05時41分4秒
  通報 編集済
  家族の問題は 尽きないねえ。

 考えてみたら、日本ハンセン病文学全集も「菊池野」も、どの雑誌をとっても、家族の問題だらけだ。その中で一番悲しいのは、家族との離別。別れ。そういえば、ハンセン病は離別の病気だと ありましたねえ。どこにあったか忘れてしまったが、書いたことはある。

 A disease of separation だったかな。

 別れの病気とはたしかハワイ語だったかな。

 誰でも離別はあり、別れはある。ハンセン病の人々が特別であるのは、それが、離別したくない時期に理不尽にも割かれることであろう。誰でもそういう時期に、別れを強要されることはない。

 家族との離別は、仮に家族全員が入所したらないかもしれないが、親しい人との離別、故郷との離別、その他色々の離別がある。

 恵楓園にいた時に、カルテに何も書かれていない人がおられた。話を聞いたら、家族、友人、仕事、故郷、何もかも捨ててこられたのであった。住所を聞いたら大層怒られた。(当時は個人情報という言葉もなかった) 情報をしらせる筈もない。
 
》記事一覧表示

新着順:10/18 《前のページ | 次のページ》
/18